和央 よう か。 和央ようかの現在は?結婚後はニューヨークでお姫様生活?

和央ようかさんが結婚!花總まりさんとの関係は

よう か 和央

☕ 」などの語尾によく表れています。 の『』をカバーした。 また、宝塚を退団した二人はそのまま事務所を立ち上げているのだとか。

5
『アリスの招待状』(1996年4月-5月/宝塚バウホール、マイケル)• この個人事務所は花總さんが事務所の社長を務めていたそうなのですが、実はそんな二人は交際していたということも言われているそうです。

和央ようか

よう か 和央

⚔ 、出身の作曲家であるとの結婚を発表。 」で高嶺ふぶきの相手役に。 そして、和央ようかの方がミュージカル の勉強で短期留学をしたときに旦那と 再会、食事をしたそうです。

2
ヒースクリフ) 宙組時代 [ ]• 今もお二人はご一緒なのか、よく暇なネットの住民に揶揄されています。

5組のトップと和央ようかさん「One Heart PROJECT」│ほとんど日刊宝塚ニュース

よう か 和央

⌚ 10月 - 11月、『』で宝塚退団後初のミュージカル出演。 (1974年月組)• <花總まり—主な舞台歴> 【星組時代】 1992年 「白夜伝説」妖精ミーミル 1993年 「PARFUM DE PARIS」新人公演 本役・白城あやかの役を数場面) 「うたかたの恋」新人公演 マリー・ヴェッツェラ *初ヒロイン(本役・白城あやか) 【雪組時代】 1994年 「二人だけの戦場」ライラ *バウ初ヒロイン 「風と共に去りぬ」新人公演 スカーレット・オハラ(本役・一路真輝) 1994年「雪之丞変化」「サジタリウス」で一路真輝の相手役に。 録画はしたのですがまだ見ていないので、この機会に久しぶりにこの作品を観ようと思いました。

5
私も舞台事故の事ではないかと思います。

これは変だよ 和央ようか、降板

よう か 和央

🤐 さて、在団時どのぐらい人気が合ったのかは私にはわかりませんが… 恵まれた容姿、綺麗とは言えないまでも中性的な顔立ち。 』(1998年1月/公演参加)• 本役・一路真輝)• 当時はトップ就任10年目の研14で、 既にエリザも激情も鳳凰伝も出演済みなわけですが、 その風格はどこへやら、驚くほど 「無」だったのです。

3
そんな貴重な機会だからこそ、ライブ感を重視しました。 本役は一路真輝)• standard-article-breaker-ad:after,. ポチして頂けるとうれしいです。

和央ようかさんとはどんな方ですか?

よう か 和央

😍 クリストファー)• 初舞台後、雪組に配属され、1998年宙組誕生と共に宙組に組替え。

6
『』(1993年11月/宝塚大劇場、新人公演:ジェームズ/ルイ14世。 「うたかたの恋」ルドルフ 「望郷は海を越えて」九鬼海人(本公演トップお披露目公演) 2001年 「ベルサイユのばら2001」フェルゼン 「カステル・ミラージュ」レオナード 2002年 「鳳凰伝」カラフ 「聖なる星の奇蹟」フレデリック 2003年 「傭兵ピエール」ピエール 「白昼の稲妻」アルベール 2004年 「BOXMAN」ケビン 「ファントム」ファントム 「風と共に去りぬ」レット・バトラー 2005年 「ホテル ステラマリス」ウィリアム 「炎にくちづけを」マンリーコ 「W—WING—」 2006年 「NEVER SAY GOODBYE」ジョルジュ 新しい時代のトップスター 172cmの長身で顔が小さく、まるで男役になるために生まれてきたような容姿と存在感で、初舞台から注目されていた和央さん。

和央ようかの現在は?結婚後はニューヨークでお姫様生活?

よう か 和央

⚐ 研2とは思えない堂々とした、そして可憐な舞台姿。

10
長期トップ、降板騒動、同性カップル ? …彼らはこれらのような話はバッシングのネタとして大好物でしょうね! しかも花總さんは大変な名家のご出身でおられ、さらに悪意ある噂が飛び交い都市伝説めいた話が語られる事態となりました。 (2014年月組、梅田)• 5em auto;font-size:23px;font-weight:bold;padding:1. それでも群舞はすばらしかったし、何よりも美しいワイルドホーンの楽曲が心に残ります。

和央ようかさんと広く愛したい宝塚 | 宝塚ブログ くららのビバ宝塚!

よう か 和央

⌛ 和央ようかと花總まりは破局したのか!?というのは、単なる宝塚ファンの願望なのかもしれませんが、確かに秘密の花園の夢が打ち砕かれたようでもあります。 アメリカで大成功を収め、日本での出番がさらに増えた時には、謙虚さが課題となりそう。 Takarazuka Revue is the all-female theatrical company in Japan. ミュージカル「」オーストリア・グラーツ版(2011年8月 - 9月/、梅田芸術劇場) - 主演 ドラキュラ伯爵 役• またそのカリスマ性ゆえか、ミュージカルや降板騒動のさ中、一部のファンが各所のブログに大変見苦しい書き込みをされたため、一般の方、それこそ宝塚を観劇した事の無い地方に住む人の和央さんの第一印象は非常に悪くなってしまいましたね。

6
宝塚はこうして100年続いてきたんですね~! そう言えば、去年の タカラヅカスペシャルで各組のトップスターさんが一曲ずつ思い出の曲を歌うというコーナーで、 ゆりかちゃんは初舞台公演「NEVER SAY GOODBYE」より主題歌「NEVER SAY GOODBYE」を選んで歌っていらっしゃいました。

和央ようか 自粛生活も、音楽を心の友に。NYから感謝と祈りを込めて

よう か 和央

⚑ 和央ようかは、その年の2月に開演予定の舞台「スーパーモンキー・西遊記」の主演に決まっていたのですが、体調不良を理由に降板。

20
(1976年星組)• 7月2日、同作品の東京公演千秋楽をもって退団。