ストライ ベック 曲線。 ストライベック曲線:実験結果と理論的予測

グリース選定の目安と塗布量管理

曲線 ストライ ベック

🙃 ストライベック曲線とは ID-L235 ストライベック曲線とは 相対運動をする2面間における潤滑状態を説明するために、一般によくストライベック曲線が使われます。

1
4 境界潤滑は金属が直接、接触している状態ですが、ふつう一般には 殆どがこの状態で、複雑怪奇な状態をしています。

ストライベック曲線とは

曲線 ストライ ベック

🤙 そして、EHLで起こる事象を考慮して作られた式として、 Dowson-Higginsonの式があります。

5
なので、細かいことは気にせず、サーキット走行する人は高粘度オイルを使うことをオススメします。 もし、回転軸と軸受が同じ素材(友金:ともがね)であったとしたら、両方が摩耗して溶着しやすい状態になってしまいます。

摩擦について

曲線 ストライ ベック

🚀 乾燥摩擦 潤滑剤がなく二つの固体表面が直接接触して運動している状態。 省エネグリースの設計は以下の通りになります。 また、ここでは詳しく述べませんでしたが、摩擦を低減することのほかに、機械の摩耗を防ぐのも潤滑油の大きな役目です。

19
これはの潤滑状態が旧来の潤滑理論では説明がつかない事から見出された理論である。 すなわち、潤滑油が2面間に介在し完全に両者を分離し潤滑する流体潤滑領域(I)、潤滑油膜が著しく薄くなり、摩擦現象が潤滑油の粘性からは説明できない領域で潤滑油の界面化学的性質が重要となる境界潤滑領域(III)および流体潤滑と境界潤滑が混在しておこる混合潤滑領域(II)であります。

潤滑

曲線 ストライ ベック

🤞 まずは高圧粘度特性です。

20
摩耗面の摩擦力減少による機械駆動エネルギーの節約 潤滑装置は、給油装置と密封装置、潤滑油で構成されていて、それぞれの働きは以下の通りです。

流体潤滑理論に基づく表面テクスチャの効果

曲線 ストライ ベック

⚔ よって,適切なテクスチャ形状の選択は,流体潤滑領域の拡大および流体潤滑域での摩擦低減のどちらにも効果がある。 3程度です。

粘度は空気の粘性を、速度はHDD回転数、荷重は通常3gf程度あたりになっています。

ストライベック曲線:実験結果と理論的予測

曲線 ストライ ベック

👈 油圧は潤滑油の粘性や圧力、摩擦面に働く流体エネルギーで発生します。

13
(1)すき間差が大きいほど摩擦係数は下がる。 また、油膜が破断し金属接触が起こる境界潤滑および混合潤滑領域では、増ちょう剤と添加剤の最適化により摩擦、摩耗の低減を図ることが重要となります。

摩擦と潤滑油

曲線 ストライ ベック

😒 油温が上がっても「混合」「境界」に入りにくくエンジン摩耗に強いことがわかります。 1の安いは、エンジンオイルがあっと言う間になくなっているS2000にとっては非常に大事です。

14
しかしながら,近年のテクスチャ加工の多様化は,流体潤滑領域の拡大や流体潤滑領域での摩擦低減など,高荷重域における摩擦特性向上をも視野に入れ,かつ,それらの効果を意図的に狙うことを可能としている。

軸と軸受(ベアリング)の潤滑

曲線 ストライ ベック

🙂 流体摩擦 潤滑剤(液体)により相対運動する物体が完全に隔てられる状態。 けれど、 実際はエンジンは摩耗劣化していきます。 摩擦と潤滑油-縁の下の力持ちといわれる潤滑油は、私たちの社会に決して欠かすことのできないものといえるでしょう。

とにかく世の中の摩擦と摩耗に関すること全般に渡る学問です。