気骨 が 折れる 読み は。 重箱読み辞典 カ行

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

は 気骨 読み が 折れる

🐲 明治時代、刑事は角袖の服を着ていた。 もともとは、坂田金時という、平安時代の武将の名前。

20
【脚立】キャたつ 小さなはしごの一種。

2021年2月26日 気骨が折れる、読みは?【ことば検定 林修先生】

は 気骨 読み が 折れる

✇ 【燗酒】カンざけ 温めたお酒。

6
【香醋】コウず 酢の一種。 【今夕】コンゆう 今日の夕方。

勘違いしやすい言葉の問題。「気骨が折れる」の「気骨」は「きこつ」と読むの?: 町人思案橋・クイズ集

は 気骨 読み が 折れる

⚑ 「笥」は容器を意味する漢字で、音読みはシ。 【仮名】カな 漢字をもとにして、日本で作られた文字。

7
【気軽】キがる ためらいがないこと。 ただ気骨を「きこつ」「きぼね」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

「出来=?」「人気=?」意外な読み方がある漢字3選【ベテラン国語教師が解説】|CLASSY.(magacol)

は 気骨 読み が 折れる

⚔ 【ことば検定プラス】答えの解説 ここから答えの解説です。 2文字とも訓読みで「かねだか」と読んでも、意味は同じ。

7
カッは「合」の古い音読みカフが変化したもの。

【気骨が折れる】の意味と使い方の例文(慣用句)

は 気骨 読み が 折れる

☢ 主に東北地方の女性が用いるもの。 【銀鼠】ギンねず 銀色がかったねずみ色。 「貝」の音読みはバイだが、ほとんど用いられない。

9

重箱読み辞典 カ行

は 気骨 読み が 折れる

🙃 2文字とも音読みでゲンジョウと読むと、「事件や事故などが生じている場所」だけを指すように範囲が狭まる。

19
「角」は訓読みで「かど」「すみ」と読むと意味が違ってしまうので、重箱読みせざるをえない熟語。

「気概」の意味や読み方は?「気概を持つ」の使い方や類語を解説

は 気骨 読み が 折れる

☢ 【燗鍋】カンなべ お酒を温めるために使うお鍋。 2文字とも訓読みで「さかて」と読んでも、意味に大きな違いはない。

7
ちなみに、刑事のことを「デカ」というのは、「かくそで」をひっくり返した隠語に由来するという。

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

は 気骨 読み が 折れる

🤙 メニュー。 【工合】グあい 「具合 グあい」と同じ。 【客間】キャクま お客さん用の部屋。

13
【金星】キンぼし 相撲で、平幕の力士が横綱から挙げる勝利。

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

は 気骨 読み が 折れる

👣 【気短】キみじか 我慢ができないこと。

10
「ギンねずみ」とも読む。 【気前】キまえ ものごとにこだわらない性格。