黒澤 元治。 レジェンド黒澤元治「最後のメッセージ」プロジェクト始動!クルマを愛する遺伝子たちへ

黒沢元治氏、通称ガンさんの貴重なメルセデス・ベンツの試乗評価

元治 黒澤

🖕 黒沢氏がチームを立ち上げた当初は、マシントラブルも多く、勝つかリタイアかというレース展開をしていましたが、連続してポールポジションを獲得するなど、その速さは目を見張る物がありました。 GTは、1. 1969年の日本グランプリに日産・R382で出場し優勝、高橋国光と北野元とともに「追浜ワークス三羽ガラス」などと称され、日本を代表するレーシングドライバーとなった。

4
「何かありそうですから……」と富士スピードウェイへ行った助手のカンは正しくて、鈴木、風戸の両選手が死亡するような大事故が発生してしまった。

黒澤元治 スポーツドライビングの集大成 ~ クルマを愛する遺伝子たちへ 最後のメッセージ ~

元治 黒澤

✌ 「ガンさん(元さん)」の愛称で、今も多くの読者に愛されています。

12
まとめ 「ガンさん」こと黒沢元治氏のキャリアをマシンと共に振り返ってみましたが、いかがでしたか。 日産在籍時代における、最も華々しい経歴である。

選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

元治 黒澤

😛 マシンはヨーロッパなどで行われていたF2と同等でしたが、F2が量販されているエンジンを使用しなければならなかったのに対して、F2000ではレース専用設計のエンジンを使用しても良い規定となっていたため、F2を名乗らずF2000として開催されていたのです。 現役引退後に、友人である作家五木寛之の薦めでモータージャーナリスト活動も始める。 日本最強のモトクロスチーム・城北ライダースに所属していた黒澤元治は、1965年に日産自動車・大森分室と契約して4輪のレーシングドライバーとしてデビュー。

そのようなレースに出場するレーシングドライバーの鍛えられた運転技量や危険予知能力は、驚くほど高いレベルにあるから、その人たちふたりが同時に事故死するほどの、とてつもない事故だったのだろうと思った。

選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

元治 黒澤

🤝 にもかかわらず、実際には北野車は黒沢車との接触でグリーン側に押しやられ、左の前後輪が抵抗の大きい芝生にはみだし、そこから右前のカウルが持ち上がり、次にカウルが元の位置に収まった瞬間イン側に切れ込んでいったのを、ガードレールに衝突してはね返り、と全く事実にないことを書いている。 その頃、スズキには片山義美くんや後にコジマエンジニアリングを始める小嶋松久くんらも一緒で、皆で浜松に居たんだ。

7
なおこの事故で書類送検されたのは黒澤ひとりだけである。 このベストモータリングは2011年6月号を最後に休刊になっています。

選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

元治 黒澤

☭ 現代なら、レーシングアクシデントの一言で片付けられるような接触事故も、死に繋がる可能性が高かった訳です。

若いときの自分の疑問に応えることができるかもしれないと思った。 当時はね、国産車のレベルがまだ高くなかった。

黒澤元治

元治 黒澤

😍 その活動はレーシングドライバー時代を彷彿とさせるものであり、ドライビングのアドバイスにおいても、テストにおいても的確な指摘を行っていたといわれています。 加えて、ガンさんの顔写真まで添えて……。

主催者側は予想以上の観客動員をよろこんでいたし、私も盛会だったことはよろこんだが、なにかスッキリしないので、GC第2戦は助手だけを取材に出し、私自身は鈴鹿でモーターサイクル・レースを取材することにした。 新聞記者からの電話を傍聴したもので、「出場選手の鈴木、風戸が死亡、取材中のカメラマンも死ぬかも知れぬ重傷」と聞かされ、助手の安否を確め,事故発生時に現場に居合わせなかったことを知って胸を撫でおろした。