イーグルス ホテル カリフォルニア。 ホテル・カリフォルニア のレコードジャケット写真のホテル ビバリーヒルズ (3) (カリフォルニア旅行記)

イーグルス

ホテル カリフォルニア イーグルス

🚒 今回は、中核メンバーであるグレン・フライとジョー・ウォルシュのコメントも合わせ、この作品の内容を少しだけ紹介しよう。 この作品は、13年振りとなるスタジオ・アルバムで、新曲のみで構成されたものとしては『』以来であり、実に28年ぶりの作品となる。

1
アルバム「ホテル・カリフォルニア」が発売される以前、スティーリー・ダンは自グループの曲中に(イーグルスの)うるさい曲をかけろと揶揄したことがあり、その当てつけに書き込んだとも) I had to find the passage back to the place I was before… (前いた場所に戻る道筋を探さなければならなかった…) の意味するところは? だがその前に、「アントン・ラヴェイ」という人物について述べておかねばならない。 個人的な過去のことではあるのですが、私にもあった20才代半ば頃にこの曲を耳にして、そしてまた32年も経ってから、この曲について書くとは夢にも思いませんでした。

【歌詞和訳】ホテルカリフォルニアの歌詞の意味を解説!!イーグルス:Eagles「Hotel California」

ホテル カリフォルニア イーグルス

📞 それに呼応するように運転手さんと同じく当地に住んでいるヨーコちゃんの方から「確かにカリフォルニアにいたら、あんまり勉強しようかなあとは思わないものねえ」という言葉もありました。 あと、もう一つ今回検索して分かった点は、あの長い前奏と後奏で素晴らしいギター演奏が聴けますが、あれはツイン・ギター・リフ Riff 奏法と言うのだそうです。 「ホテルカリフォルニアはいつでも歓迎」「妖艶な女性と群がる男たち」「踊り狂う人達」 は、クスリの誘惑や理性からの乖離、そしてトランス状態等を表現しているとも取れますね。

11
君は計画していたこと以上をやりとげたのだから」 昨年11月、イーグルスが12月のケネディ・センター名誉賞授賞式への出席を翌年以降に延期した際に、「大腸疾患の再発により手術の必要があり、復帰までには長い時間がかかる見通し」という旨をフライサイドが公表した。 当初は2枚組で1978年にリリース予定だったが、レコーディングに難航し、1枚組に縮小の上1979年まで掛かった。

イーグルス『ホテル・カリフォルニア』知られざる10の真実

ホテル カリフォルニア イーグルス

👌 『ロング・ラン』発売に合わせてコンサート・ツアーを行い、1979年には2度目の来日公演を果たす。 。 歌詞のストーリー [ ] 舞台は、コリタス(サボテンの一種だがメキシコでの隠語でもある)の香りたつ、カリフォルニアのエリアの。

17
(2010年版)において49位にランクイン。

ホテル・カリフォルニア のレコードジャケット写真のホテル ビバリーヒルズ (3) (カリフォルニア旅行記)

ホテル カリフォルニア イーグルス

💕 ドン・フェルダーは後にメンバーとして正式加入しており、ツアーではカントリー的な楽曲ではレドン、ロック的な楽曲ではフェルダーがリード・ギターを主に担った。 我々の悲しみも、彼が我々に、家族に、音楽コミュニティに、そして世界中の多くのファンに与えてくれたことすべてに対する愛情と敬意も、言葉で言い表すことなどできません」 ドン・ヘンリーは別の声明でフライについて次のように語っている。 さらに音楽性を広げたアルバム『ロング・ラン』も全米1位のヒット作となり、このアルバムのツアーを収めたライヴ・アルバムも発表されるが、人気絶頂期にもかかわらずバンドは活動を停止、1982年には正式に解散がアナウンスされた。

18
セールス [ ] 同年代に活躍したやなどと比べると実質的な活動期間が短く、リリース作品そのものが非常に少ないが、(RIAA)の認定でアルバム総売上枚数が1億枚を超えているのは、イーグルスと、、、の5組だけである。

Eagles/ホテル・カリフォルニア リマスター<通常盤>

ホテル カリフォルニア イーグルス

🍀 2007年 『』 Long Road Out Of Eden (1位) ベスト・アルバムなど [ ]• … 歌詞のその部分は酒とは全く関係ない。

11
今回は、実際にサタニズムのロックミュージシャンが、どのようにしてサタニズムを世間に浸透させているのかをご紹介したいと思う。

イーグルスのギタリスト、グレン・フライ逝去 享年67歳

ホテル カリフォルニア イーグルス

📲 歴代メンバーはもちろんのこと、そのほかにもデヴィッド・ゲフィン、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタットらイーグルスにとって重要な関係者25人のインタビュー、さらにメンバー個人所有の写真やビデオなど、貴重な初出映像も多数収録されている。 でも絶対に出られないんです!」 和訳チェックポイント(単語の意味・文法など) 最初から見ていくと On a dark desert highway, cool wind in my hair 夜の砂漠のハイウェイで Warm smell of colitas, 髪をなでる冷たい風 rising up through the air コリタスのあたたかい香りがあたりに立ち込めていて Up ahead in the distance 行く手の先 遠くの方に I saw a shimmering light ちらちら輝く 灯りが見えた My head grew heavy and my sight grew dim 頭は重くなり、視界はぼやけて I had to stop for the night 俺はどこかで夜を過ごさなければならなかった… 途中で出てくる単語• ののように、ヘンリー=フライのコンビでヒット曲を連発していったが、レノン=マッカートニーは一方がほぼ完成させた楽曲に他方がアレンジなどの補完を行う関係だったのに対し、ヘンリー=フライのコンビは、主にヘンリーが作詞、フライが作曲を担っていた。 については非常に奥深いものが多く、表題曲「」や、を主人公イメージのモデルとしたとされる「」や「」「ラスト・リゾート」など、ウェストコースト・ロック界の凋落、ひいては商業主義化したロック界への皮肉、あるいは現代社会・都市社会の歪みへのアンチテーゼなどを言外に含み、意味深長な内容の楽曲が配置されている。

19
1985年 『』 The Best Of Eagles• そして、ほぼ正確に書かれたページをみつけ、歌詞の中に出ていた「1969年」の意味も、最後の「チェックアウトは自由だが、決して去ることは出来ない」みたいな難解な表現も、何故イーグルスはそれを言いたかったのか、歌いたかったのか、やっと納得できました。 サイズの違い以外はほぼ同様と思われます このビバリーヒルズホテルの外観は、周囲に樹木、特に背の高い椰子の木があり、全体は淡いピンク色で、鐘楼みたいなものもいくつか上についている建物でした。

イーグルス『ホテル・カリフォルニア』メインボーカル:あまりにも著名な...

ホテル カリフォルニア イーグルス

⌚ 誌のアルバム・チャートにおいて8週連続全米第1位、全英においても第2位を獲得し、最優秀レコード賞を受彰、現在までに米国内で1,600万枚以上、全世界で3,200万枚以上を売り上げている。

9
1974年 Already Gone (32位)• この歌詞の内容はアメリカ文化の度を越した不品行と私達の知合いだった女の子達についてだった。 そして、それが「1969年以来、ここにはその霊はいない」という歌詞とつながるという。