門出 品詞 分解。 男もすなる日記といふものを 原文と現代語訳 品詞分解

更級日記門出あこがれ東路の道の果て品詞分解テスト対策(3/5ページ)

品詞 分解 門出

😛 四段活用だと「見る」という意味になるが、下二段活用だと「見せる」というように使役の意味が含まれるので注意。 藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。

16
(いや、ない。 」と、 身 =名詞 を =格助詞 捨て =タ行下二段動詞「捨つ」の連用形 身を捨て=自分の身を顧みず一心不乱な様子を表している、身を投げ出して て =接続助詞 額 (ぬか)=名詞 を =格助詞 つき =カ行四段動詞「つく」の連用形 祈り =ラ行四段動詞「祈る」の連用形 申す =補助動詞サ行四段「申す」の連体形、謙譲語。

門出・土佐日記 現代語訳・品詞分解・読み方

品詞 分解 門出

😄 品詞分解 あづま路 名詞 東海道 の 格助詞 道 名詞 の 格助詞 はて 名詞 「道のはて」は東海道の果ての国、常陸国。 直後に体言である「人・者」などが省略されているため連体形(体言に連なる形)となっている。

比べる、比較する。 なんで?と思うと思います。

更級日記『門出(あこがれ)』解説・品詞分解

品詞 分解 門出

🚀 たてまつる=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連体形、謙譲語。

7
菅原孝標の女(作者)からの敬意。 ゆかり いささかに=ナリ活用の形容動詞「いささかなり」の連用形、わずかである、ほんの少し 書きつく=カ行下二段動詞「書きつく」の終止形 その様子を、少しばかり紙に書きつける。

更級日記『門出(あこがれ)』解説・品詞分解

品詞 分解 門出

🤙 係り結び。 「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。

8
し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 の=格助詞、主格、「薬師仏 が立っていらっしゃるのを」 たまへ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。

男もすなる日記といふものを 原文と現代語訳 品詞分解

品詞 分解 門出

🔥 オレンジのマーカーは係り結びです。 と =格助詞 て =接続助詞 九月三日 =名詞 門出し =サ変動詞「門出す」の連用形。

2
そのよし、いささかに物に書きつく。

土佐日記「門出」の現代語訳を教えてください。出来れば、品詞分解と助動...

品詞 分解 門出

☢ 平穏だ。 本文 男もす なる日記といふものを女もしてみ むとてする なり。

上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、 潮海のほとりにてあざれ合へ り。